旧盆

『お盆』
というと
わぁ連休!

どこ行こう?(*´艸`*)っていうのが普通でしょうか。
お墓参りして、お寺さんに行ってなんていうのは殊勝なもので
旦那の実家に挨拶かぁ、面倒だなぁとか
中には無駄に大型連休でどうしようとか思ったりするものでしょうか。

八重山に来て、わたしはお盆のイメージが変わりました。
まず、コレはみなさんなんとなく知ってるかなと思いますが沖縄は旧暦で動いているのでお盆も旧盆で毎年変わります。

旧暦7月13日から15日にあたりますので、今年は8月23日から25日の3日間。

この期間はお仕事がお休みになる会社さんも多いですし、内地(沖縄県以外の都道府県のこと)からみなさん帰って来られます。
ご旅行の方にはお目当てのお店がお休み!

なんてこともあるかと思いますので、来年その頃にご予定のある方は下調べした方がいいかも?

八重山のお盆の代表的なものといえば、アンガマー。

ぜひぜひ見てみてもらいたい儀式や行事です。

細かい説明などはWikipediaさんにお任せするとして・・・。

ざっくりいうと祖先をあらわすお爺さんとお婆さんのお面をつけた2人と、踊り手たちが音楽とともに各家を練り歩き先祖を供養するというもの。
面白いのはあの世の暮らしはどうですかとかこういう時はどうしたらいいのでしょうかとかその場にいる人が質問しお面の2人が答える問答。

ためになりつつも、ウイットに富んだ笑いありの掛け合いが飛び交います。
本来は八重山方言でのやり取りなので、何を言ってるかわからない〜っていうのもありますが最近は青年会などの方々がホテルでやってくださってたりします。

その際はわかりやすいヤマトコトバでやってくれますし、お家にお邪魔でもないので気兼ねなく体験できると思いますよ^ – ^

夏に石垣にウエディングフォト撮影に行きたいな、とお思いの方はアンガマー見たいな、に合わせて来られるのもいいかも!?

来年、お待ちしています。

Follow me!